屋根裏で有効なねずみ駆除

subpage01

天井裏でカタカタと動物の動く気配が聞こえたら、ねずみがいると考えて間違いないでしょう。

古い木造建築には、屋根裏にねずみが棲み着くことがあります。
餌場があり、巣作りのできるスペースを確保できると、ねずみはどんどん増えてしまいます。


そうならないうちに、ねずみ駆除をする必要があるでしょう。まず、家の外に出て、ねずみの侵入口となっている場所を見つけ出します。

黒ずんでいるような穴や隙間が見つかれば、そこがいわゆるラットサインと呼ばれる場所で、出入り口だと見当がつきます。
部屋の中にも、外から続いている穴がないか見回してください。壁の中でガリガリ音がしていれば、わずかな隙間に身を潜り込ませている可能性が高いです。

屋根裏に昇り、壁沿いの隅に、粘着シートを敷き詰めます。



人家に出没しやすいクマねずみやハツカねずみは、壁沿いの隅を移動するので、その部分に仕掛けるのです。
合わせて毒餌を置き、このまま4~5日程度、罠に掛かるのを待ちます最初の2~3日は、警戒しているので、餌には引っかからずに、ガリガリと音を立てていると思います。
その後、足音が聞こえなくなったら、屋根裏に上がってみてください。
ねずみ駆除の罠に、くっついていれば、迅速に回収、処分します。
それと同時に、二度と屋根裏にねずみを棲まわせないよう、市販で売られているねずみ駆除のスモークを炊きます。



定められた時間放置して、家の中にねずみの気配がなくなったのを確認した後、侵入口を金網でしっかりと塞ぎます。
これでもうねずみが家の中に入ってくることはないでしょう。



この方法は、素人のレベルでできるねずみ駆除方法として、もっとも有効かつ実用的なやり方です。

いろいろと道具も必要ですが、自力でなんとかしたい人は参考にしてください。